2010-04-30

A personal annotations of Veach's thesis (4)

Here is the (bijectional) Japanese translation, part 3.

Robust Monte Carlo Methods for Light Transport Simulation
光輸送シミュレーションのためのロバストなモンテカルロ法

著者(Author): Eric Veach
Translated by Lx=d HY

1.1.2 輸送モデルに関する仮定

光輸送アルゴリズムは全ての光の振舞いをシミュレートするのではない.なぜなら,ほとんどの応用でそれは必要でないからである.(脚注: 厳密に言えばそれは可能ですらない.なぜなら全ての物理学が知られているわけではないからだ.しかし,光と物体の相互作用は物理学が提供できるものとしては最上のものの一つである.そして実質的に全ての観測される現象はすばらしい精度で予測できる.[Feynman 1985] コンピュータグラフィックスの目的としては我々はこれらの法則が完全に理解されていると仮定してよい.) グラフィックスの立場に立つと,物理学の光学は一つの可能性のメニューとしてはもっとも良いものとして考えられる.各応用に対して,我々はどの光学的効果が重要かを決め,そしてそれをシミュレートできるアルゴリズムを選ぶ.

我々の論文においては,我々は一般的に幾何光学モデルを仮定する.光は表面からのみ放射され,拡散され,吸収される.そして,これらの面の間では光は直進する.したがって,雲や煙のような participate 物体(吸収・拡散を行う物体),あるいは屈折率が連続的に変化する物体(たとえば,熱せられた気体)は許可しない.我々はまた,波長や量子力学的効果に依存する(たとえば回折や蛍光)光学効果のほとんどを無視する.特に,我々は光線間の相互作用の可能性,すなわち,光は完全に非干渉であることを仮定する.

通常の環境では,我々が無視した効果はそんなに重要ではない.幾何光学は我々が目にする周辺のものをほとんど全て適切に,高い精度でモデル化する.このため,実質的に全てのグラフィックスでの光輸送アルゴリズムはここでの仮定と同様の仮定を行っている.この章の後ほどで,可能性のあった他の選択肢に関して調査することにする(1.5 と 1.6 節参照).

この後,より日本語としてこなれた訳文を掲載する予定である.

No comments: